大阪府仏教青年会
[リンク]

お知らせ

2015年5月 6日
ネパール大地震緊急托鉢 報告


ご案内の通り、ネパール大地震の緊急托鉢をなんば高島屋前でおこないました。
今回は、府下の青年会様にもお声掛けし、大阪真言青年会、和宗佛教青年連盟、

大阪市仏教青年会、天王寺区佛教青年会、中央区仏教青年会、豊中市仏教青年会のメンバーの皆様もお越し下さった
総勢20名を超える青年僧が街頭に立ち、ネパールの支援をお願いした。
総額250,005円+1セントの浄財をお預けいただきました。

救援金総額250,005円は読売光と愛の事業団を通じ、ネパールにお届け致したいと存じます。10458550_638179356315809_7738406486601545931_n.jpg

10383568_638179339649144_8582996474331854102_n.jpg


2015年5月 2日
ネパール大地震・緊急托鉢のご案内

 

さて、報道等でもご存知の通り、25日午後、ネパール中部でマグニチュード7.8の大地震が発生致しました。そこで、当会では表題の通り、緊急托鉢を下記の通り行いたく存じます。GW中ご法務ご多忙の折とは存じますが、ご出仕賜ります様ご案内申し上げます。
                                       大阪府佛教青年会 

                                       会長 平田教信 合掌

日時;5月5日(火)午後17時~19時迄

托鉢場所;なんば高島屋前

装束;月参りの装束にて。

浄財は読売愛と光の事業団その他を通じて、ネパール地震の救援金に当てさせていただきます。



2014年4月23日
公開講座のご案内

大阪府佛教青年会公開講座と題し

下記の通り公開講座を開催いたします
僧俗問わずお越し下されば有難く存じます
どうぞお気軽にご参加下さい

 


日 時
6月28日(土)
15時~16時30分


会 場
リーヴスギャラリー小坂奇石記念館
たなべ不動尊 法楽寺内


講 師
大仏師 向吉 悠睦 師
(むこよし ゆうぼく)

 


 

講演会チラシ(表).jpg 講演会チラシ(裏).jpg



 コラム 2013年7月30日

「東日本大震災2年半」 (大阪府仏青会員)

大阪府佛教青年会主幹全日本仏教青年会主催の全国大会(詳しくはお知らせ参照)も

終わり、記念の会報誌の編集作業に入っております。

 会報誌の原稿を書いていますと、東日本大震災の事が至る所に出てまいります。

それだけ、東北の皆様はもとより日本全体に与えた影響は凄まじかったんだと、改めて考えさせられました。

 

 会報誌の原稿に使用するために、東日本大震災の現在の死者数、行方不明者数、避難者人数を知りたくてパソコンで検索いたしました。

しかし、出てきません・・・私の調べ方が悪かったのかもしれませんが・・・すぐにタイムリーな数字が出てくると思い検索したのですが、出てくるのは2年目の数字ばかりでした。

ふと、風化という文字が頭をよぎりました。いいえ風化するほど前へ進んでません。我々の心の中にも、まだ強烈に当時のそして被災直後の光景が脳裏に焼きついています。

しかし、これが小さな一歩なのかなと少し寂しく感じました。

我々、一人一人は本当に無力な存在です。

しかし、我々一人一人が、震災の事、震災で亡くなられた方、被災された方の事をずっと忘れず、後世に伝えて行く。祈り続ける事は疎かにしてはなりません。

一人一人できることをやりましょう。忘れない事、思い出す事、伝える事、祈る事

 

東日本大震災 鎮魂の誓い

「共に悼みます 失われた命を」

「共に祈ります 別れた命の安らぎを」

「共に忘れません その輝いていた命を」

「共に縁(よ)り添います 同じ命を生きる証に」

 

 

東日本大震災追悼慰霊復興祈願法要・復興イベント『音と祈り、未来への光』

主催全日本仏教青年会より